シルクスクリーンで高画質プリントにチャレンジしてみました。

こんにちは。プリントマニアの田坂です。
今日はプリントマニアらしく現在アートワークスにある設備で「シルクスクリーンでどこまで高画質の印刷ができるのか!?」にチャレンジしてみました。

アートワークスではシルクスクリーンの印刷はアパレルがメインなので、80〜120メッシュを使用することがほとんどでしたが、アパレル以外にもシルクスクリーンの印刷をする仕事がでてきそうだったので、今回のチャレンジをすることにしました。

 

メッシュ数とは

1インチの中に何本の糸で織られているかを示す数値になります。
1インチ=25.4mmですので、80メッシュであれば、25.4mm四方の中に80本の糸が通っているというものです。

当然メッシュ数が多ければ多いほど、糸の本数が増える訳ですから、網目が細かくなっていきます。

メッシュ数とは写真や印刷でよく登場する解像度を示すものと思ってもらえばOKです。

「それならどんな印刷でもメッシュ数が高いものを使えばいいんじゃないの?」と思われるかも知れませんが、プリントする素材や使用するインクによって適切なものを選ばないとインクが薄くなってしまい発色がよくなかったり、インクがメッシュを通過できず、印刷されなかったりするのです。

なので、オリジナルウェアの場合であれば、多少網目を荒くしても、しっかりとインクをのせて発色させるために、80〜120メッシュが定番となっています。

 

高画質へのチャレンジ

ダイレクト製版機のメーカーで販売されている最大270メッシュを使います!
印刷解像度でいう250dpiぐらいの再現ができるのではないかと思います。
インクは230メッシュまでを推奨なので、少し粒子が粗いのかも知れません。

途中写真を撮っていなかったので、とりあえず結果から・・・。

 

スクリーンの拡大写真

silkscreen-highmesh01
刷ったあとなので、赤くなっていますが、6ptのゴシックなどが見えるでしょうか。

こちらのスクリーンに赤いインクを使用して刷ってみました。

全体図はこちら!

silkscreen-highmesh02
白いTシャツに刷ってみましたが、めっちゃ細かい!!!!

これまでアパレルのプリントでは100%潰れていたような箇所が再現されています。

細かい文字部分を拡大します。

silkscreen-highmesh03
骸骨の柄とか十字架の柄の再現性がすごい・・・

これを見たときはめちゃめちゃテンションが上がりました!
フォントサイズ6ptっていうのは、高さ1.7mmぐらいしかないんです。

 

さらに拡大してみます。

silkscreen-highmesh04
6ptの漢字が読める・・・。

文字部分をさらにアップで撮影しました。
画数多すぎて読めない漢字はさすがに厳しいかも知れませんが、読める文字も多いですよね。
白のTシャツならこれだけ細かいデザインでも印刷できるということです!!
※暗い生地でインクを発色させるときは2度、3度とスキージングしてインクを重ねる必要があるため、恐らく潰れてしまいます。

以上でチャレンジは終了です。

いかがでしょうか?シルクスクリーンでは細かい柄はできないと思われていた方もいたのではないでしょうか。(僕もその一人です。)

今回270メッシュの仕上がりには本当驚きました。
この仕上がりをウェアでもコントロールできれば、どんなに細かい柄でも対応ができるようになると思いますので、これからもシルクスクリーンでどれだけキレイな印刷ができるのか、これからも追い求めていきたいと思います。

P.S.
商品としては460メッシュのスクリーンもあるようです。もうオフセット印刷並でしょうねw
あと、メッシュ数は多くなればなくだけ<span style=”font-size:2em”>高価になります。</span>

シルクスクリーン印刷に80メッシュを使ってみた。

設備やインクの問題点

DSC01556

昨年3月にシルクスクリーン印刷の設備を導入して、約1年半。オフィスビルなので、水が使えなかったり臭いがするのはNGだったりで、うちでは「デジタル製販機」「プラチゾルインク」を採用することにしました。
デジタル製販機は従来の版を作る作業であった露光が必要なく、イラストレーターやフォトショップで作ったデータをプリンターのように出力ができる機械です。水も入らず製版できたらすぐ印刷にかかれます。(夢のような機械ですが、いろいろと課題もあります。)
プラチゾルインクはほとんど無臭で、160度以上の温度を約40秒ぐらいあてないかぎりは固まらない版詰まりも起こさない、これまた夢のようなインクです。(ずっと固まらないということは容器のフタについたインクもずっと固まらない地獄のような反面もあります(笑)

うちで問題となっているのは2点あります。

  • デジタル製販機は乳版の版よりもすべりが悪くインクが落ちにくい
  • ブリード対抗のホワイトインクは重くてインクが落ちにくい

2重にインクが落ちにくい作用があるんですよね。

インクが落ちにくいデメリット

インクが落ちにくいとどうなんだ?となるわけですが、結論から言うと

  • スキージングする回数が増えるので、キレイなエッジがでない
  • ベタにムラができて印刷表面が美しくない。
  • 前腕、僧帽筋など肩まわりの力を使うので筋肉痛になる

などなど、いいことがありません。
そこで、デジタル製販機では100〜120メッシュが標準なんですが、あえて網目の大きい80メッシュを使ってみることにしました。

メッシュとは

メッシュの数は1インチ(25.4mm)の間に何本の糸が入っているかを表しています。解像度のようなものですね。数字が多ければ多いだけ高解像度ということになります。

DSC01555
(タテヨコに糸が交差しているのが見えますね。メッシュ数が多いともっと細かくなります)

では、高ければ高いほどいいのかというと使うインクや、印刷する素材によってそうとも限りません。メッシュ数が増えるほどインクは落ちにくくなりますし、Tシャツなど少し離れて見る物だったり十分だったりするんですよね。
とはいえ、僕も「80メッシュ使ってプリントが荒くなったらいやだな」と心配でした。

80メッシュはインクが落ちやすい

実際に印刷してみると100や120メッシュのものと比べて、あきらかにインクが落ちやすいです。とくにベタの面積が大きいときなど力の入れ具合が80%ぐらいで落ちていく感じです。
これなら大量枚数印刷した夜に湿布を貼る必要がありません♪

そして心配していた仕上がりですが。。。
ドーン!ポリエステル100%のドライTシャツに印刷しました。DSC01557

もっと近づいて見てみましょう。

DSC01559
分かりますか?表面にうっすらメッシュの跡がでていて、ムラがなく、めちゃめちゃキレイです。これには大満足!僕はプリントマニアなので、このメッシュ感がでると本当気持ちいいんです。
実際のところポリエステルのドライTシャツでここまでキレイにプリントするのはかなり難しいんですよ。

ホワイトは全色の中で一番使うので、80メッシュは活躍してくれそうです。