使いこなせていない設備

アートワークスには3年ほど前に設置した刺繍機がります。タジマ社製のSAIという機種で、入門機ながらできることは幅広く帽子やシューズなどにもできます。

一度挫折していた刺繍

設備まもなく、いろいろとやってみたのですが上手くいかなかったことをまとめてみます。

刺繍はセッティングが命

刺繍機は最初のセッティングが非常にデリケートで、生地の張り方、針の微妙な向き、上糸と下糸の強さのバランスなど、どれかひとつでも噛み合っていないとすぐに糸が切れてしまいます。

アートワークスではドライTシャツに使うことが多かったので、伸縮性があることが返って難易度を上げてしまったのかなとも思います。
刺繍ができても、すんごい生地が突っ張ったりとなかなか上手くいきませんでした。

刺繍専用ソフトは難しい

また、刺繍のソフトはこれまで使用したデザイン系ソフトと全然違いました。
これまでイラストレーター、フォトショップ、インデザインなどいろいろなソフトを使ってきていたので、まぁ問題ないだろうと思っていたのですが、操作性がAdobe系のソフトといろいろ違いすぎて馴染めませんでした。
専用ソフト(Tajima DG16 by Pulseというもの)も購入したのですが、専門的すぎるのか使い方の情報などネットにもまったくありません。PDFマニュアルも545ページもあり、ちょっと逃げちゃいました。

そのため商品としては、刺繍しやすいフォントを使い、縫いやすい生地に厳選して、時間を過ごしてきました。

スポーツウェアと刺繍の相性の良さ

そんなこんなで使いこなせないままきていたのですが、アートワークスでは今後スポーツウェアの制作に力を入れていこうとしています。

刺繍ができると靴下やタオル、カバンなど色んなものにネームを入れたりできます。
使いこなせればワッペンだって作れるようになるわけです。

また、お客様からも「袖のネームは刺繍を入れたい」というご要望も多く、少し本腰を入れて刺繍の制作研究をすることに決めました。
545ページのPDFも必要な機能だけを厳選して覚えていきます!

目標がないとモチベーションの維持ができませんので、

「AWロゴで3D立体キャップを作る!」

としたいと思います。NEW ERAのキャップってめっちゃ格好良くて好きなんですよね。
キャップの前頭部にロゴが立体的に飛び出しているのにすごくあこがれています。

というわけで、これから刺繍機が使いこなせるまでをブログに書いていければと思います。

頑張ります!

The following two tabs change content below.
大学卒業後、神戸の印刷会社で1年間働き、在職中に様々なものにプリントをできる転写システムを見つけたことをきっかけに2004年独立。 プリントを通して「オリジナリティのある商品を届け、よろこびをつくること」を理念とする会社を経営しています。 プリントの画質にこだわりまくるプリンターマニア、そして現在サブ3を目指す市民ランナーでもあり、三姉妹の子をもつパパでもあります。

コメントをする