こんにちは。今日は僕が運営しているサービスのひとつである「インレタ.com」をご紹介します。超ニッチな商品ではありますが、サイン業界やパッケージ業界などで困っている問題を解決できる商品だと自負しております。

 

そもそもインレタってなんだろう?

インスタントレタリングシート、通称インレタと呼ばれる透明のシートに文字や絵柄が貼り付いていて、透明シートの上からこすりつけると、文字や絵柄だけが転写できるシートのことです。(他に「レタリングシート」、「クロマテック」、「カラーイーズ」なんて呼び方もあるようです。)

僕と同じ世代(35歳)以上の人であれば、子どものころにカセットテープのラベル部分に文字だけをボールペンなどでグリグリやったことはありませんか?これを言うと「あー!」っと思い出してくださる方も多いです。

no-cuttingsheet-inreta01.jpg
※昔はどこかで売っていたのか?自分が子どもの頃にどうやって入手したのかは謎です。

インレタは何に使うのか?

no-cuttingsheet-inreta03
化粧品などのパッケージダミーに

商品パッケージのプレゼンの際には本物そっくりのダミーが必要になることがあります。
インレタ.comでは大手食品メーカーさんや、化粧品メーカー、パッケージデザインの会社や、プロダクトデザインの会社からご依頼いただくことも多いです。

no-cuttingsheet-inreta04
ギターなど楽器へのブランド名入れに

全国にあるギター工房さんからのご依頼も結構あります。工房さんでは、インレタを貼り付けた後に表面をクリアでコーティングしてしまうので、実際に商品として販売されています。
コーティング技術があれば、インレタ自体の耐久性は関係なくなります。

no-cuttingsheet-inreta02
自転車のフレームに

同様にコーティングされている商品では、自転車のフレームや、ゴルフのシャフトにもオリジナルブランドのロゴを入れたりしています。

no-cuttingsheet-inreta05
個展、展示会でのキャプションに

時々、インレタの大量ロットでご注文いただくケースで多いのは、有名デザイナーの個展や、世界的宝石メーカーの展示会で、ガラスケースに直接キャプション(説明書き)を貼ったり、壁に直接貼ったりしてご使用いただきました。

キャプションの文字は5mmぐらいで長文だったりと、カッティングシートでは作れなかったり、またシルクスクリーンでも版が大量に必要でコストがあわなかったりで、うちのインレタを採用いただきました。

他の用途

  • 映画の小道具
  • プラモデルなど模型
  • 釣り具への名入れ
  • 車やバイクのメーター修理
  • 記念品への名入れ
  • 店舗作りの一環でディスプレイへのロゴ入れ

インレタの貼り方

  1. まず、貼りたい素材の表面をアルコールなどで拭き取り油分をとります。
  2. インレタのシートを必要な部分だけ台紙ごと切り取ります。
  3. 位置を決めたらマスキングテープなどで動かないように仮留めします。
  4. 台紙を抜き、フィルムを指でグッと押さえていきます。
    ※小さい文字などの場合は先が丸い固いものでこすります。
  5. 文字が転写されているのを確認しながらゆっくりフィルムをめくります。

文字だけだと良く分からないと思いますので、Youtubeに動画をアップしました。
動画では表面をアルコールで拭く作業はしていません。

インレタ.comでは文字やデザインの下にシール並の粘着剤を引いてあるので、グリグリやらなくても素材によっては、指先で押し込むだけで転写ができるのが分かると思います。

インレタが苦手な場所

インレタ.comの商品は文字やデザインの裏に粘着剤があるので、一般的なインレタよりもはるかに転写はしやすいと思います。
但し、粘着剤も特別強いものではありませんので、普通のシールのようなものです。

シールが貼りにくいような場所はインレタも貼り付きません。表面がデコボコしていたり、シリコンのような糊を受け付けない素材には貼れません。

インレタが上手く貼れないときには・・・

インレタが上手く貼れない場合にもっとも効果的な方法は、

ドライヤーで温める!

これはかなり効果的です。粘着剤ですので、温度が上がると糊が溶けて粘着力が増します。特に冬の寒い季節だと糊が固まり気味なので、温めてから、ギュッと押し込んでやることで成功率はかなり高くなると思います。

インレタ.comの5つの強み

1. フィルム代がいらないので小ロットが安い!

インスタントレタリングは通常シルクスクリーンで作成している会社が多いため、1枚作る場合でもフィルム代として1000〜2500円ぐらい初期費用がかかります。
インレタ.comでは、フィルム代不要で制作しますので、最小ハガキサイズ1枚 2500円からご注文が可能です。

2. 裏に粘着剤があるので、貼りやすい!

インレタといえば透明のフィルムを貼りたい場所にあわせて、かなり圧力をかけてこすりつけないと転写できないと思われている方がいるのではないでしょうか?
当店のインレタは貼り方動画にあったように簡単に転写ができます。素材によって難易度の違いはありますが、転写しやすいというお声はたくさんいただいております。

3. お急ぎサービスなら当日出荷対応!

デザイン業界やパッケージ業界など、プレゼンのために一刻を争う時には当日出荷サービスを使うことで翌日にお届けすることも可能です。申込時間や配送先にもよりますが、短納期対応で大変よろこばれております。

4. グラデーションや写真もインレタにできる!

一般的にはシルクスクリーンで仕上げている業者さんが多いため、多色だったり、グラデーション、写真などはできないところが多いと思います。インレタ.comではCMYK+ホワイトの出力ができますので、フルカラー対応も可能です。
他には金泊、銀箔などの箔も対応しています。

specialcolor_keyimage
フルカラーインレタ
foil_colorimage
インレタ.comで使える箔の種類

5. 映画の制作実績が多数

インレタ.comの商品は日本映画の小道具などにも使用されてきました。商品を提供したこともありますので、エンドロールでは、会社名の「ArtWorks」が流れていたこともあります。
代表的なものをあげると「シン・ゴジラ」、「舟を編む」「テルマエ・ロマエ2」「黒執事」などがあります。


 

いかがでしたか?思い切り自社サービスの宣伝でしたが、まだまだ知っている人も少なくニッチな商品ではありますが、用途は豊富でおもしろい商品です。ただ全国的にはインレタをつくっていた会社さんが廃業してしまっていることもよく聞いています。

インターネット通販で制作している数少ない会社の1つとしてこれからも頑張っていきたいと思います。

どこかに小さい文字やデザインを転写したい!と思われた場合にはインレタ.comにご依頼ください。

インレタ.com – オーダーメイドのインスタントレタリング作成専門店
http://www.inreta.com/

The following two tabs change content below.
大学卒業後、神戸の印刷会社で1年間働き、在職中に様々なものにプリントをできる転写システムを見つけたことをきっかけに2004年独立。 プリントを通して「オリジナリティのある商品を届け、よろこびをつくること」を理念とする会社を経営しています。 プリントの画質にこだわりまくるプリンターマニア、そして現在サブ3を目指す市民ランナーでもあり、三姉妹の子をもつパパでもあります。

コメントを残す