昨日プリントしたポロシャツを着て、リクティの宣伝活動に行ってきました。
僕にとっては高校生の時に唯一県大会に進めた思い出深い大会でもあります。

それから19年も経っちゃいました。(光陰矢のごとし!!!)

久しぶりに陸上の大会を見に来た訳ですが、僕が高校生の頃から比べると選手が着てるTシャツがまぁーハデになってました。デザインもオシャレだし、チームTシャツもカラフルになったなーと感じました。

肝心のリクティを着た選手ですが・・・。

いました!一人着て走ってる子がいました!このTシャツ着て走ってましたよ!!

いやー、自分が立ち上げたブランドを着てる人を見つけた時の感動はすごかったです。
たった一人でも出会えたことが嬉しかったです。

他にもオーダーメイドで注文してくれた学校もみつけられたし、会場に来てよかったなぁと思いました。

ただ・・・。リクティの知名度は本当低い。合計で200人ぐらいの子に声をかけたんですが、3人しか「知ってる」と言われませんでした。一方で「いつも着てる子が部内にいます」というような嬉しい声も聞くことができました。そして可能性の深さも感じることができました。

今回の兵庫高校ユース大会には1、2年生の参加選手数が2356人だったんです。なので参加していないマネージャーや3年生、県大会に進めなかった選手達もあわせると4000人以上の人がいたと思います。
インターネットのSEOでは上位にあっても、本当氷山の一角なんだなと思いました。

今日は慣れないことで疲れましたが、新しい1歩を踏み出せたことには満足です。
これからはSNSやブログなど情報発信をしていき、今回のように大会にも足を運んでリクティのブランドを知ってもらう活動にも力を入れていきます!

大会で快くリクティのショップカードを受け取ってくれた人ありがとうございました!

 

The following two tabs change content below.
大学卒業後、神戸の印刷会社で1年間働き、在職中に様々なものにプリントをできる転写システムを見つけたことをきっかけに2004年独立。 プリントを通して「オリジナリティのある商品を届け、よろこびをつくること」を理念とする会社を経営しています。 プリントの画質にこだわりまくるプリンターマニア、そして現在サブ3を目指す市民ランナーでもあり、三姉妹の子をもつパパでもあります。

コメントを残す